時計鑑定士とは

時計鑑定士とは、買取で持ち込まれた時計を鑑定するプロです。業務内容はいくらで買い取るのかを査定することで、専用の機材を用いて短時間で金額を出します。資格は特に必要ではなく、質屋や時計屋で鑑定業務をしている実態があれば名乗れます。業務経験によって時計鑑定士と認められるケースが一般的で、どうやってなるのかが分かりにくい側面もあるのが実情です。具体的にはどこかの時計屋で働いて色々なブランド品を扱うか、消費者から不用品を買い取るブランドショップに勤務するのが主流になっています。必要なスキルは、短時間で価値を見極める鑑定眼です。知らずに有名ブランド品の贋作を持ち込む人や、わざと偽物を高く売ろうと企む人もいるので時計鑑定士がきちんと鑑定することで選別しなければいけません。構造を正しく理解して修理できるスキルもあると便利で、時計屋で働いていた人の大部分は業務の関係から国家資格である時計修理技能士を有しています。表面的な特徴だけでは判断がつきにくい場面もあるから、時計鑑定士として生活するためには内部構造の知識も身につけておくべきです。メリットは高齢になっても働きやすいことで、むしろベテランになるほど鑑定眼が鋭くなります。年齢と求人傾向としては若者なら未経験でも雇う買取ショップがある反面、中高年ではキャリアがあるプロの時計鑑定士が求められます。そもそも公的な資格が存在していない職業だから、現場に入ってから先輩や持ち込まれた品物に接することで磨かれていく環境です。昔の職人への弟子入りに近く、資格による証明がないことから完全な実力主義となっています。デメリットは、買取ショップでは必ずしも時計の鑑定ばかりではないことを挙げられます。ブランド品を買い取るお店だから、他の品物についても鑑定する機会が多いです。持ち歩きやすくて資産価値が高いのがブランド品の腕時計でよく買取で持ち込まれるものの、バッグなどの品物もよく見られます。いっぽう、専門店では時計鑑定士としての実力のみを磨けますが、規模が小さい個人経営の店舗では基本的にスタッフの募集は行っていません。実家が時計屋で後継ぎになっている事例を除いて、純粋に時計のプロとして働くのは困難です。生活に密着している時計のプロとして、時計鑑定士という職業があります。現在ではチェーン展開をしている買取ショップの鑑定士の意味合いが強く、時計を含む広範囲の品物を正しく鑑定する仕事です。求人を探す場合は、ブランド品を取り扱っているお店を中心に調べましょう。


Copyright(c) パテックフィリップWEB通信 All Rights Reserved.